赤ちゃんが洗剤、漂白剤をなめた!?対処法は。

動き出すようになった赤ちゃんは、いろんなものに興味津々です。

大人が大丈夫だろうと思っていても、意外なものに手をだしてしまいます。

もし、赤ちゃんが洗剤や漂白剤をなめてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。

今回は、洗剤や漂白剤をなめてしまった対処法をご紹介します。

漂白剤を誤飲した応急処置の方法

赤ちゃんが何か異物を飲み込んだ場合、対処方法が飲み込んだものによって異なります。

まずは、いつ、何を、どのくらいの量飲んだか、今どんな状態なのかを確認してください。

洗剤や漂白剤をなめたとされる場合、水で口をすすいでください。
そして、誤飲したものを薄め、食道や胃粘膜の保護のために、コップ1杯の牛乳や水を飲ませてください。

洗剤や漂白剤の場合は、無理に吐かせないようにしてください。

しかし、洗剤や漂白剤は、緊急度が高い誤飲物になります。

夜間だったとしても、必ず緊急外来へ連絡しましょう。

赤ちゃんの様子がいつもと変わらず、大丈夫だったとしても、病院へ連絡するようにしてください。

誤飲した場合の緊急連絡先

どうすればいいのか分からない時は、中毒110番へ連絡してください。

スポンサーリンク

中毒110番では、無料で急性中毒について情報提供をしています。

365日24時間で対応しているところもありますので、ぜひ覚えておいてください。

また休日や夜間でどこに連絡したらいいか分からない場合は、小児緊急電話相談へ連絡しましょう。

♯8000へ電話するだけで、住んでいる都道府県の窓口につながります。

看護師や小児科医師から対処の仕方や、緊急病院の紹介などのアドバイスが受けられます。

小児緊急電話相談は、利用できる時間帯が都道府県により異なります。

必ず事前に確認しておきましょう。

事前にしておくべき対策

赤ちゃんが動き回るようになると、予想もつかないものにも手を伸ばします。

洗剤や漂白剤がしまってある戸棚も、手が届けば開けてしまいます。

しかし、ずっと赤ちゃんを見張っているのも難しいと思います。

事前に赤ちゃん目線で、対策するようにしてください。

危険性の高いものは、低いところや、床に置かないようにしましょう。

また戸棚は開けられないように、ストッパーでとめるようにしてください。

また何かあった場合に連絡できる緊急連絡先は、まとめて分かるようにしておきましょう。

事前に対策をしておくことで、何かあった場合にも迅速に対応できます。

ま と め

今回は赤ちゃんが洗剤や漂白剤をなめた時の対処法について紹介しました。

赤ちゃんの安全は、身近な大人しか守れません。

緊急事態が起きないように、事前に対策しておくことで、赤ちゃんの安全を守りましょう。

スポンサーリンク