油性ペンがついてしまった時、落とし方って?服についたものも落とせるの?

学用品など色々なものに名前を書く時などに使う油性ペンですが、
うっかり、服などについてしまうとなかなか落ちないんですよね。
水性ペンとは違って、普通に洗うだけでは落とすことが出来ません。
一体どうして油性ペンは落ちにくいんでしょうか?
油性ペンが服についてしまった場合、どうやって落とせばいいんでしょうか?

油性ペンってどうして落としにくいの?

油性ペンの主な成分は溶剤、着色剤、樹脂、定着剤の4つです。
着色剤と溶剤は、水性ペンにも含まれておりペンを作成するのに
必ず必要な成分です。
油性ペンはこの溶剤に油性のものを使っており、
揮発性が高く乾きやすいく耐水性もあるんです。
そして、油性ペンだけに含まれている定着剤は油性ペンが
はがれないようにするためのものなんです。

このはがれないようにする定着剤と油性の溶剤が油性ペンが
落としにくい原因となっているんです。

油性ペンが服についてしまった場合の落とし方って?

服に油性ペンがついてしまったときには、実はエタノールや
除光液が効果的なんですよ。

スポンサーリンク

・準備するもの
ビニール・布2枚・エタノールか除光液適量

1.作業をする場所に無地のビニールを敷いてください。
レジャーシートなどでもOKです。
そして、窓を開けるなどをして、しっかり換気をして作業を開始してください。

2.服の汚れているところを下向きにして、その下に用意しておいた布を
1枚置きます。

3.洋服の汚れている部分の裏側から、エタノールか除光液をつけていきます。

4.エタノールか除光液を付けた部分を裏側から布を使って、
トントンと叩き込んでいきます。こうすることで汚れが
上と下の布に移るんです。
ごしごし擦ると汚れが広がってしまう事があるのでNGですよ!
これを何回か繰り返して、汚れが布に染み出してつかなくなるまで
続けてください。

5.洗濯機で、いつも通りに洗濯をしたらOKです。

エタノールや除光液をつけると、服の生地の種類によっては生地を
傷めてしまう事があります。
この方法を試す前に衣類の表示などを確認するようにしてください!
おシャレ着やコートなど自宅で洗濯をすることのないような衣類は、
この方法を試すのではなくクリーニング染み抜きを依頼してくださいね。

ま と め

いかがだったでしょうか?
気を付けていても、気づいたら袖口などに油性ペンがついて
しまっているという事ってあるんですよね。
ぜひ、試してみてくださいね。
先ほども書きましたが、種類によっては洋服を傷めてしまう事もあるので必ず、
記事などを確認して染み抜きをする際には注意してくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする