七夕の由来。子どもに説明できますか?伝説や願い事まで。

皆さん、こんばんわ。

いつだったか子どもに『七夕ってなんでお願い事するの?』と聞かれました。

当時は私の知ってる限りの知識を総動員して、子どもに説明しました。

でもイマイチ理解できなかったようでwww

説明下手なんです。私。

特に子どもに説明するのが。

現在は小学生になったので、ある程度理解力も深まり私の説明でもわかってくれるようになりました。

今回は当時私がうまく説明できなかった、七夕の由来などについてご紹介したいと思います。

こういった由来や起源は諸説ありますので、参考程度に読んでいただけると嬉しいです。

では!どうぞ!!

スポンサーリンク
七夕の起源・由来は?子供に分かりやすく説明するための予備知識

七夕は古くから行われている、日本のお祭り行事のことです。
1年の中で重要な五節句の一つにもなっているんですよ。

1月7日 人日(じんじつ)の節句
3月3日 上巳(じょうし)の節句
5月5日 端午(たんご)の節句
7月7日 七夕(しちせき)の節句
9月9日 重陽(ちょうよう)の節句
この辺は大人の知識として『知ってる~』程度でいいかと思います。

七夕の起源

昔々、日本の禊(みそぎ)の行事として
乙女が着物を織って棚に供えて、神様を迎え豊作や人々のけがれを払う神事がありました。

その乙女を棚機女(たなばたつめ)、そして着物を織る織り機を棚機(たなばた)と言っていました。
時とともにこの行事がお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになった。
ここから七夕をたなばたと読む由来になったと言われている。(諸説あり)

※起源と由来の違いについて
起源:物事の始まりのこと
由来:経緯や流れのこと

七夕の由来。織り姫と彦星の伝説。絵本紹介。

【おり姫と彦星の伝説】

一番メジャーと思われる七夕の伝説です。
これは中国が起源とされています。


織り姫は縫製の仕事をして、彦星は農業をしていました。

よく働くお年頃の織り姫に神様は、彼女にふさわしい婿を探してやろうと思いました。
神様が見つけたのは働き者の青年彦星。
二人は一目でお互いを好きになり、結婚しました。
結婚した二人は遊んでばかりで仕事をしなくなりました。

怒った神様は二人を会わせないようにとおりひめを天の川の西へ、
ひこぼしを天の川の東へとむりやり引き離しました。
織り姫は毎日泣いて暮らし、彦星も全く働こうとしませんでした。
そこで神様は『お前たちが前のようにまじめに働くのであれば1年に1度だけ会うのを許そう』
と、その言葉に織り姫と彦星は改心し、まじめに働きだしました。

やがて待ちに待った7月7日の夜、2人は天の川を渡り1年に1度のデートを楽しむのでした。

めでたしめでたし。

というわけで、七夕伝説の絵本はこちら。

たなばた 再話:君島 久子
絵:初山 滋
出版社:福音館書店

スポンサーリンク


たなばたものがたり 作:船崎 克彦
絵:二俣 英五郎
出版社:教育画劇

どちらも七夕伝説のお話です。
お子さんと一緒に読んでみてはいかがですか?

七夕のお願い事って由来があるの?

あります。

たなばたに願い事をするのはなぜ?ということですが、

これは乞功奠(きこうでん)という風習から来ています。
織物や縫製の上達を願っていたものが、芸事や書道の上達も加わり
現在ではいろいろな願い事が割れるようになりました。

また、願い事を短冊に書いて笹に下げて飾る七夕飾りは、
江戸時代に寺子屋でで学んでいた寺子たちが修二が上達するようにと書かれたのが
始まりとされています。

短冊の色にも意味があるって知っていましたか?

中国の陰陽五行説にちなんだもので

青(緑) 赤 黄 白 黒(紫) の5色あり、それぞれ

木 火 土 金 水 を表します。
陰陽五行説なので『この世のすべての根源』という意味です。

ちなみにそれぞれの色に書く願い事もあります。

青(緑)は人間力。
『周りへの感謝を忘れず自分自身を高めよう』という意味があります。
したがって願い事は自分磨きや成長を願うものが適しています。
風水的には、冷静沈着、安心、信頼の意味があります。

赤は感謝
親や、先祖への感謝の意味。
ですので願い事は『家族(両親)が長生きしますように』といった感じが適しています。
風水的には、決断の色です。
ポジティブに明るく元気になりたい!といった願いもお勧めです。

黄は友情。
人を信じることを意味します。
願い事は人間関係の向上を願うものがいいですね!
また、風水的には、お金!みなさんご存じですね★
『お金持ちになりたい!』『商売繁盛』のようなお願いもグッドです。

白は厳守。
白は義を意味します。
自分で決めたことを守り通すことです。
禁酒禁煙や誓いを書くといいですね!
風水的には人間関係をよくして幸せになる色なんです。
また、他の色の力を強める色なので、裏が白い折り紙で短冊を作るのは効果的と言えそうです。

黒(紫)は勉学
黒は智の意味。
成績アップ、資格取得などの願いが向いています。
風水的には最も強い色とされていますので、願いを書くだけでその願いに
強い力が加わるのです!!!

短冊に願いを書くときのポイント
引き寄せの力を使って『○○になりたい』ではなく
『○○になる!』と言い切ってしまってください。

そうすると実現しようという力が働き、願いが叶いやすくなると言われています。

ま と め

いかがですか?
伝説のロマンチックな話から、超現実的な願いを叶えたい話まで
参考になりましたでしょうか?
これを参考にしてもらって、お子様へ伝えてみてください。
学校や会社でも、話のネタにはなるかな???

そして、せっかく願いを書くなら、叶えたいですよね。
短冊の色や書き方を駆使して、是非願いを叶えてください!
あなたの願いは叶う!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする