ハロウィンお菓子はどんなの配る?手作りや詰め合わせなどを紹介

みなさん、こんばんは。

ハロウィンの準備進んでいますか?

ここ数年、ハロウィンが盛り上がりを見せていて
何もしていないと、なんだか遅れた気分になってしまいますよね(@_@;)

そんなハロウィン、町内会やパーティーで配るお菓子ってどうしてますか?
今日はその配布お菓子について書いていきます!
参考になればうれしいです!

スポンサーリンク
ハロウィンで配るお菓子は何がいい?

そもそもハロウィンとは?
「いたずらか?ごちそうか?」と街中を歩き回る子どもたちに
「お菓子をあげるからいたずらしないで!」と大人がお菓子を配るという、アメリカの行事。
本来ハロウィンはケルト人の風習で、10月31日は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていて、
同じ時期に出てくる、有害な精霊や魔女から身を守るために、仮面をかぶり魔よけのたき火を焚いて
いたそうです。
ジャック・オ・ランタンや仮装などは、ここがらきているのは確かですね。

さて、ここで配るお菓子について。
通常(というかアメリカでは)子どもたちにたいして、大量のキャンディーやチョコを用意し
1人に人つかみ?ずつ配っているようです。
街中を歩けば、かなりの量を持ち帰ってくることでしょう(笑)

日本ではなかなかそうはいきませんよね(>_<) 町内まわる、ハロウィンパーティーって感じでしょうか? 私たちは、いたずらされないようにお菓子を配る側です! どんなお菓子をどれだけ用意すればいいのでしょう? まず、ハロウィンパーティの規模を知る。 町内会のパーティで、子どもたちが数十人家にやってくる場合なら チョコやキャンディなどの大袋に入ったお菓子を5袋位用意。 友達とのパーティなら手作りお菓子なんかを、人数分用意してもいいですね。 また、市販の大袋のお菓子を数種類用意し、詰め合わせにするのもいいかもしれません。 詰め合わせに関しては、後ほど書きます。

手作りお菓子、ハロウィンで配っても大丈夫?

お料理上手なママ友の作ったケーキって、幸せを感じるのは私だけでしょうか?

かわいい子供たちがたくさん集まるハロウィンパーティ。
せっかくなら、腕によりをかけておいしいお菓子作っちゃうぞ!というあなた!
ちょっと待って(>_<) 町内会などで催されるパーティで、子どもたちがお家を回ってお菓子をもらいに来る場合 ここで配るのは、市販されているものが無難です。 なぜなら、実は手作りお菓子って、敬遠されがち。 衛生面もふくめ、あまりよく思わない保護者が少なからずいます。 なので、お互いイヤな思いをしなくて済むように、ここは市販のもので済ませましょう。 ホームパーティなど、仲良しのお友達とのパーティならむしろ手作りは盛り上がると思います! 手作りのほうが、余計な添加物が入っていない分、体にはいいですし 何より作った方の愛がたくさん詰まっていますので、幸せな気持ちになりますよね☆

スポンサーリンク

お菓子詰め合わせの作り方

さてさて、市販のものでもかわいくラッピングして配りたくないですか?
そんな時に役立つのが100円ショップ!

ハロウィンの時期になると、100円ショップに限らず、ここ数年は
グッズがたくさんでてきますよね!
そのグッズを大いに利用して、かわいい配布用のお菓子を作りましよう。

まずは市販のお菓子を購入。
それこそ100均でもかえますね。
おなじみのチョコやキャンディ、マシュマロ…ファミリーパックとして
販売されている、大袋のお菓子がよいです。

そして、100均などで売っているラッピング用の袋を用意!
ここにガンガンつめるだけ。
簡単にかわいいお菓子の詰め合わせが完成します。

10人程度に配るものだったら、1人あたり100円ほどで出来てしまいます。

100均のラッピング素材はホントに充実していて、手作りお菓子を包むのにも
最適です!おしゃれなワックスペーパーもあるので、おしゃれなお店で買ったような
ラッピングが出来ちゃいますよ。

次回は実際にお菓子を買ってきて、袋詰めお菓子を作って見たいたと思いまーす。

ハロウィンのおかし まとめ

いかがでしたでしょうか?
年に1度しかないハロウィン。楽しく過ごしたいですよね!
子どもたちには、いろいろな人とコミュニケーションをとるいい機会に
なるのでは?と思っています。
ただ、世の中にはいろんな人がいるので、注意することもあるでしょう。
そんなところを踏まえて、楽しいハロウィンパーティになりますように…
Happy halloween☆☆

スポンサーリンク