梅雨時期の洗濯部屋干し。におい、カビの対策をアロマで解決

5月から6月は紫外線も気になりますが、梅雨の時期でもありますね。
この時期の洗濯は、湿度が高く渇きにくかったり
生乾き臭やカビが気になりますよね。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、洗濯物も増えますよね。
保育園ではマメに着替えさせるため、洗濯物も次から次へと…。

そんな、悩めるワーキングマザーへ簡単にできる、におい・カビ対策をお伝えします!

スポンサーリンク

梅雨時期の部屋干し、においの原因は?

においには原因があります。
やはり根本から解消しないといけません。
ここではにおいの原因についてご説明します。

テレビや雑誌でも言われている通り、洗濯物の生乾きのにおいは雑菌が原因です。
これらは洗濯層の汚れはもちろん、落としきれなかった汚れにもあります。

雑菌は湿度が高いと、繁殖をし続けるそうです。
恐ろしいですね。洋服についた少しの雑菌が、乾かないがゆえに増殖を続けるなんて…。

【においを抑える方法】

・洗濯物をためこまない

お仕事してるとなかなか難しいかもしれませんが、皮脂や汚れが付いたまま置いておかないことで
雑菌の繁殖を抑制します。

・洗濯層の掃除

洗濯機に残った石鹸カスを除去することで、原因となる雑菌の繁殖を抑制できます。

・早く乾くように干し方を工夫する

早く乾けば問題ないはず。部屋干しでも干し方を工夫すれば、早く乾きます。
①洗濯物どうしの間隔をあける(最低でも10cmの間隔を)
②厚手のものと薄手のものを交互に干す
③太めのハンガーを使う
④ジーンズは立体的に干す(空気の触れる面積を大きく取る)
⑤フードや長袖は逆さまに干す(重なっている部分をなくします)
干し方については5つ紹介しましたが、他にもありそうですね。

梅雨時期の部屋干しはカビやダニの原因にも!?

当然ですが、湿度が高くなる梅雨の時期。
カビやダニの繁殖も気になります。カビやダニはアレルギーの原因にもなりますので、排除していきたいところです。

ダニ・カビは湿度が高く、温かな環境を好みます。例えば、ダニなら湿度70%以上で室温20〜25度、
カビなら湿度60%以上で室温20〜25度が最も繁殖しやすいそうです。

6月、7月ですと、まだ家庭では冷房を使用するには早い時期ですから、
この時期のダニ・カビ対策は、定期的な換気で室温の上昇を防ぎながら、湿度コントロールをするのがおすすめです。

梅雨に入ると湿度が一気に上昇し、80%を超える日も出てきます。
湿度をコントロールしてダニやカビが繁殖しづらくするだけでも、かなり違ってくると思いますよ。

【湿度コントロールの方法】

・湿度計を用意する

いわずもがなです。これを用意することで湿度が見えるのでコントロールしやすくなります。

スポンサーリンク

・掃除と換気

カビやダニは発生すると空気中をさまよい、部屋のホコリ衣服に付着します。
こまめに掃除を行うことで、ホコリを排除し、換気をすることで湿度を下げることができます。

梅雨時期の部屋干し対策はアロマで決まり!!

これでもか!というくらい対策はしてきたけれど、もっと簡単に気持ちよくできないものか?
と、思いますよね?

私がおすすめするのはアロマオイルです。
においやカビを取るには、漂白剤を使うのがもちろん簡単です。
でも小さなお子さんのいるご家庭で、頻繁に使うのは気が引けますよね…。

アロマオイル(精油)なら、ジメッとした季節にもさわやかな香りで癒されながら
部屋干し対策できちゃいます!!

【アロマオイルの活用方法】

・アロマスプレーを吹きかける

除菌効果のある、ラベンダー、ペパーミント、ユーカリなどをブレンドしたスプレーを
部屋干ししている衣類にシュッとスプレー。

・重層と混ぜて除湿

適量の重層に数滴アロマオイルを混ぜます。安全な芳香剤の出来上がり。
しかも重層には湿気を吸収する作用があるので、部屋に置いておけば除湿効果も期待できます。

代表的なアロマオイルの効果を紹介します。
スプレーを作る際にも参考にしてみてください。

ラベンダー  除菌・除虫の他に心の中核を支える働きがあります。
また、やけどなど炎症を抑える効果があります。

ユーカリグロブルス  強力な殺菌作用 抗ウイルス作用があります。
風邪やインフルエンザ予防にも使用されています。

ユーカリラディアータ  殺菌作用 ユーカリグロブルスとほぼ効果は同じですが、
グロブルスより低刺激。小さなお子さんにも安全です。

ペパーミント   除虫・除菌 集中力を高める効果があります。
頭痛を伴う風邪などにも効果があります。

レモン   空間の殺菌に効果があります。
気分をリフレッシュさせたいときに用いられます。

ローズウッド  癒し、疲労回復の効果。免疫活性化などの効果もあります。保湿効果。

アロマスプレーのつくりかた

(用意するもの)
・スプレーボトル ・お好みのアロマオイル 1~5滴
・無水エタノール 5ml ・精製水 25ml

①無水エタノールをスプレーボトルへいれる
②①にアロマオイルをいれ、よく混ぜる
③精製水を加え、さらに混ぜてできあがり

使用の際はよく振ってからスプレーしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
じめじめとした季節、いい香りで癒されながら部屋干し対策するのもいいのではないでしょうか。

ちなみに我が家では、虫よけスプレーもアロマオイルを使っています。
オーガニックのものは高価だったりしますが、精製水も無水エタノールも薬局で手に入ります。
簡単ですので、是非試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする