七五三って何?年齢から男女の違いまでを徹底解説!

みなさんこんばんはー!

七五三って知ってますか?
子どもの成長を祝うイベントってことはご存知ですよね。
3歳5歳7歳のお子さんをもつママさんは、この時期が近づくと
準備が大変!!今年は我が家も七五三を迎える子がおります。
そもそも七五三とは何ぞや?
今回は、七五三について解説していきたいと思いますよ☆

スポンサーリンク
七五三とはなんのお祝い?

そもそも七五三とは何のお祝いなのか?

子どもの成長をお祝いし、これからの健康を願う日本の伝統的な行事です。
昔からの習わしでは、それぞれ数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳
でお祝いします。

七五三はもともと関東圏のみで行われる行事でした。
昔は乳幼児の死亡率が高く、3歳までに健康に育つことが大きな喜びだったそうです。
と同時に、3歳でおしゃべりをし5歳で知恵がつき、7歳で永久歯が生えてくるといった
発育の節目であることから、七五三のお祝いが行われてきたと言われています。

現在では住んでいる地域や各家庭での違いはあるようですが、
近所の神社や有名な神社に出向いて、参拝や祈祷をします。
その後写真館やフォトスタジオで写真を撮影したり、ホテルやレストランで
食事をしたりして、子どもの成長をお祝いします。

この時期は写真館やフォトスタジオが込み合うため
最近は先に写真だけ撮る家庭も増えてきています。
写真館やフォトスタジオによっては、6月から七五三の写真撮影を行っているところもあり、
10月11月に比べると値段が低く設定されています。

オススメなおしゃれスタジオはこちらです。

七五三は何歳でやる?女の子と男の子の違いはあるの?

上でも説明したように、基本的に3歳5歳は男の子。
3歳7歳は女の子と決まっています。
では、なぜ男女でお祝いする年齢が違うのでしょう??
詳しく見ていきます。

数え年3歳
男女ともにお祝いします。江戸時代には子供の産毛を剃っておくと将来は
健康な髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず3歳までは坊主にする
習慣がありました。3歳になり髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を
行います。

スポンサーリンク

数え年5歳
男の子のお祝いをします。人生で初めて袴(はかま)を着用する
「袴儀(はかまぎ)」を行います。袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける
盛装(せいそう)であったことから、この儀式は幼い少年にとって、
男として社会の一員になるという意味合いを持っています。
正式な晴れ着としては袴を着用するほかに、紋付と羽織も着用します。

数え年7歳
女の子のお祝いをします。
3歳まで着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、成人と同じ丸帯(まるおび)を
つけ始め、女性として社会の一員となるという意味合いを持っています。

と、いうように性別によって着るものが変わっていく、というのが由来のようです。

昔は数え年でお祝いをしていましたが、現在では、満年齢でお祝いをする家庭も多く
みられます。兄弟でタイミングを合わせるケースもあり
(例:ひとりは満年齢、もうひとりは数え年)、お祝いする年齢を厳格に
守らなくてはいけないという決まりはありません。
また、男の子は5歳しか行わない地域や家庭も増えてきています。

七五三のお参りの日はいつ?決まっているの?

本来は11月15日
旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち:鬼が出歩かない日)で、
婚礼以外は何をするにも吉とされていました。
旧暦の11月は、田畑の収穫を終えて実りを神様に感謝する月でした。

その11月の満月の日である15日に、氏神への収穫と子供の成長に感謝を捧げ、
加護を祈るようになったことが、七五三の日の由来といわれています。
明治の改暦以降は、新暦の11月15日に行われるようになりました。

また、江戸幕府5代将軍綱吉が長男の健康を祈ったのが11月15日だったことも、
七五三が11月15日に行われるようになったきっかけといわれています。

最近では日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬で、
六曜の縁起の良い日(大安、先勝)や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭が増えています。

また、地域によってもお祝いの仕方など独自の習慣があったりします。
ここでご紹介しているのは、関東でのお話です。
地域の習慣を重んじる方もたくさんいらっしゃいますので、
一度ご両親に確認されたほうが、いいかもしれませんね☆

ま と め

いかがでしたでしょうか?
七五三で晴れ着をきた子どもたちは、ちょっと窮屈そうだったり草履が歩きにくかった…
そんなところがとってもかわいらしいですよね!
我が家は長女の7歳のお祝いのとき、主人が前日に飲みに行ってしまい
朝まで帰宅せず、車が出せなかった(私は着物を着ていたので運転できませんでした)り
お参りに行った際に、神社の階段で長女が派手にずっこた思い出があります。
怪我がなくてよかったですが、その後の長女はずっと不機嫌なままでした。
神社で撮った写真は、笑顔がなくみんなつまらなそうな顔をしています。(笑)
今この写真をみんなでみると、ずっこけた本人もゲラゲラ笑って、思い出話をします。

当日、どんなことがあっても子どもの成長をお祝いする大切な日です。
思い出に残る良き日にしてくださいね☆

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする