夏の汗で洋服が黄ばんでしまった!落とし方と原因&対策

みなさんこんばんは。

暑くなってくると、汗、汗ジミ、気になりますよね。
満員電車で吊革につかまった時の脇!!!しかも黄ばんでいたら超恥ずかしい!
旦那のワイシャツが黄ばんでる!それって嫁としてどうなの!?

ここではそんなお悩みを解決できる、衣類についた黄ばみを落とす方法と
その原因と対策について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
洋服についてしまった汗シミ黄ばみの落とし方。

わきの黄ばみは自宅での洗濯で落とせるはず!
知らない間に黄ばんでいて、気がついたときは時すでに遅し…
ひと手間加えないと、落とせない黄ばみに…
ちょっと面倒だけど、ほっておくわけにもいかなし。
黄ばんだままでは恥ずかしいので、お家で何とかしなくちゃ!!

そんな時は、塩素系漂白剤を使ってみる。
白物なら大体落とせるはず。

とはいっても、それだけで落とせない、しつこい黄ばみ。
そんな時は、お湯につけると少し取れやすくなります。

汚れの多くは皮脂汚れ。つまりあ・ぶ・ら。
漂白剤を40℃くらいのお湯に溶かして、衣類を漬け込む。
そうすると、よく落ちますよ!
オレンジに近いような黄ばみは濃い目の液を使用するとよいかも。
手が荒れてしまうので、洗濯の際はゴム手袋を使用してくださいね☆
ちなみに、熱湯は×。塩素が飛んで無意味です。

1~2時間つけておけば、だいたいきれいに。

しかし、毎回この方法は生地がダメになってしまうのでNG

それでも落ちない時。
ごしごし手洗い!これも生地を傷めてしまうため、毎回はNG
穴が空いちゃいますよ。

汚れが取れて白くなったらよくすすぎ、洗濯機で普通に洗濯をしましょう。

ちなみに
塩素系漂白剤での黄変は、塩素系漂白剤では落ちないです(当たり前)
そんな時は還元漂白剤(花王のハイドロハイター)だと落ちる。
鉄サビなどのシミにも効果を発揮!クリーニング店では色移りを取り除く際に
こちらを使用しているらしいです。プロ仕様ってことですね!

塩素系漂白剤で落ちなかった黄ばみを落とす方法

わきの黄ばみを落とすには塩素系の漂白剤を使えば落ちるってことがわかりましたね。
でも、色柄物は?同じようにやって平気?綿100%の生地だと、繊維が切れて穴が空いたりしないかな?
と、思いますよね。
しかも刺激が強いから、具合が悪くなったりすることも。
なので、次は塩素系漂白剤を使用しない黄ばみを落とす方法を探っていきます。

●酸素系漂白剤。
45℃から60℃のお湯でやると効果が高い。
お湯に酸素系漂白剤を溶かして1から2時間漬け置き。

液体よりも粉末のほうが表迫力に優れています。
液体は酸性、粉末はアルカリ性になります。
したがって、粉末は液体よりも、漂白力が高いが色落ちしやすい。
なので粉末は白物だけにしておくのがベター。
液体の場合は比較的軽微なものはOK。ひどい黄ばみは完全に落とせるか微妙なところ。

●台所用洗剤
台所用洗剤で予洗い。これは油汚れに効果があるため
皮脂汚れを落とすのに最適☆
お湯を黄ばみにかけ、洗剤をつけもみもみ。
ひどい時はぐつぐつ煮洗いがいいのですが…(めんどい)
高温がダメな繊維もあるので要注意!洗濯表示をよく見よう!

スポンサーリンク

●重曹
重曹と液体酸素系漂白剤のブレンド。
これも温度が高いほうが効果的!蒸しタオルなどを使って作業するとグッド。
ドライヤーは温風で乾いてしまうので、霧吹きでお湯をかけながらするといいかも。
これも漂白力高め。白物のみがベター

●洗濯用固形せっけん
これは、言わずと知れたもの。
いろいろな汚れに効果を発揮する固形せっけん。
泥汚れだけじゃなく、こういった黄ばみを落とすのにも使えるんです。
こちらもお湯を使用するとよいです。においもあまりしないので、煮洗いしてもOK
体に優しい石鹸。

黄ばみの原因と対策

ついてしまった汚れを落とす事ばかり探ってきましたが、そもそも汚れが付かなければ
こんな苦労しなくていいのです。
では、つぎは予防と対策についてみていきましょう!!

・汗わきパッド
汗そのものを衣類につけさせないため、かなり効果的!
汗そのものを吸い取ってくれるので、衣類に汗がつく心配がありません。
最近ではノースリーブ用も出ているので便利ですね。

ではでは。。。
ここで黄ばみの原因を調べてみましょう。
汗が出る汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。
黄ばみの多くはアポクリン汗腺です!
ひどくなるとワキガのにおいになります!
黄ばんでると『わきが!?』と心配になることもありますが、
必ずしもそうではないのでご安心を。
アポクリン汗腺から分泌される『リポフスチン』という色素成分が黄ばみの原因になるのです。

また、制汗剤が黄ばみの原因になることもあります。
服を着たままスプレーしたり、制汗剤のやりすぎ、わきの汚れにも注意しましょう。

以上の、原因を踏まえて…

・生活習慣の見直し
リポフスチンという色素成分の分泌いかんで黄ばみの度合いがかわる。
つまり、汗の質を変える必要がある!ということです。
汗の質を変えるには、生活習慣の改善あるのみ!
バランスの良い食事、適度な運動、休息。
昔は黄ばんでなかったのに、最近気になる…って人は生活習慣を疑って!

あとはストレス。
ストレスが強いのも黄ばみの原因になることも。要は、心身のバランスの崩れが
それを引き起こしてる可能性があるということです。
ぬるめのお湯にゆっくりつかって、汗をかきデトックス的な事をすると、ストレス解消になり
改善されることが期待できますよ!
また、湯船にゆっくりつかることはエアコンで冷えた体にも効果的です。

・防水スプレー
脇部分に汗がしみこまなきゃいい話。
衣類の脇部分にシューっと防水スプレー。
お肌の弱い人や、大事な洋服はやめたほうがいいかもしれないです(^_^;)

ま と め

衣類の汚れは一度付いてしまうと、落とすのが大変ですよね。

しかも黄ばみは時間とともに強くなってしまいますので、早めに洗濯することをお勧めします。

洗濯ものがたまってからでは後悔することも…
私は以前、白いシャツに黄ばみがついてしまったことがありました。
当時は仕事で超ストレスがたまっていたのが原因だと思います。
今はストレスなく(たぶん)働けているので、黄ばみはありません。
当時はにおいもしていたので、ホントに恥ずかしかったです。
気にすればするほど脇汗が出て、ほんとにイヤでした。
ま、そんな体験談はさておき。
いかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が参考になれば幸いです☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする