プールに子連れでお出かけ。持ち物と場所取りや注意すること。

こんばんはー。
久しぶりの更新となってしまいました。

今日は夏のお出かけの定番!プールについてお話しますね☆
若い時は、彼氏や友達と遊園地のプールによく遊びに行ったものです。
今は結婚して子どももいる…。あの時のようには遊べないけど
子どもたちと一緒に夏をエンジョイ!
プールで楽しく遊ぶための、持ち物や注意事項を教えちゃいます♪

スポンサーリンク
プールにお出かけ。子連れ専用持ち物リスト。

では早速持ち物から!
・水着
言わずもがな。これがないとお話になりませんね!
小さい小学生くらいまでなら、お家から着て行ってしまうのがよいと思います。
現地について、自分も着替えて子どもも着替えさせると、結構時間かかりますよね。
着て行ってしまうのも1つの方法です。

・ビーチサンダル
意外と地面が暑くて、はだしでは歩けないかもしれません。
荷物もあるので、当然抱っこはできない。
ここは、サンダルがあると便利だし安全です。

・レジャーシート
休憩する場所に敷くためのものです。
日陰はてれなくても、座れる場所があるのとないのとでは雲泥の差ですからね。

・飲み物(お茶やスポーツドリンク)
プールは水に入っているため、汗をかいているのかわかりにくいです。
こまめに水分補給をするために、自分たちで用意しておきましょう。
クーラーボックスに凍らせたペットボトルをいれて持っていくと冷たくていいですね!

・帽子(キャップや麦わら帽子などの日よけのもの)
紫外線対策として、夏のお出かけには欠かせませんね!

・タオル
海やプールでのレジャーでは欠かせません。
大きいものと小さいものを用意すると安心です。

・日焼け止め
こちらも紫外線対策に。やはり紫外線の浴びすぎはよくありません。
プールサイドまでもっていき、こまめに塗り直しましょう。

・着替え
お家から水着を着ていく人は、下着を忘れないようにしましょう。

・お菓子やおひるごはん
現地で調達できますが、割高なうえに超並びます。
飲み物同様、持っていくのが無難です。

・小銭入れ
プールには大体、コインロッカーが併設されています。返金される場合もありますが
どちらにせよ、小銭は必要です。また、売店でフードやドリンクを購入する際にも
必要ですので、小銭入れにいくらかお金をいれておきましょう。
お財布を持ち歩くのはご法度です!

・ゴミ袋
みんなが気持ちよく使えるように、ゴミは持ち帰れるようにゴミ袋を持っていきましょう。
真夏のプールは混雑していて、ゴミ箱もパンパンだったりします。
ゴミは持ち帰るのがスマートです。

・うきわやビーチボールなどのおもちゃ
小学生くらいになると、浅いところでチャプチャプだけというわけにはいきません。
流れるプールで浮き輪ごと永遠と流れたりできますので、飽きさせないためにも持っていきましょう。

スポンサーリンク

・ラッシュガード
紫外線対策です。ないよりあったほうがいいですね!

・簡易テント
日陰が取れなかった時のことを考えて。
あると便利です。

これだけ書きましたが、結構大荷物ですね…。
大体のものは現地で調達できると思いますが、自分の使いなれたものを
持っていたほうが、いいですよね!

夏休みのプールは混雑必須。場所取りは重要任務。

夏休みのプールや海は大混雑します。
とくに、都内だととしまえんや西武園のプールがそうです。
昨年11時頃に現地に到着したら、プールサイドはレジャーシートを敷く場所なんて、どこにもありませんでした。
仕方がないので、プールから離れた、(一応敷地内の)通路にレジャーシート敷いて過ごしました。
駐車場は案外すいていて、すぐ止められたので混んでないと思ったんです…
みなさんはこんな風にならないよう、準備をしましょう!!

①開園30分から1時間前には並ぶ。
並ばないと日陰とれません。なんだか運動会の場所取りのようですね(笑)
場所によっては、更衣室を通過してからプール内へ行くようになっていますが
そこは着替えをせず、場所取り優先で更衣室を突っ切りましょう。
場所取りできたら、ゆっくり更衣室で着替えればいいだけことです。

②なるべく日陰を選びましょう
時間がたつにつれて日陰ではなくなってしまいますが…
最初が肝心です!

開園時間に関しては、お出かけ先のホームページなどで確認してください。
日によって、開園時間が異なる場合がありますので、要注意です。

意外と知らない。プールでの熱中症。その原因は?

プールで、熱中症になる人は少なくありません。
一番多い原因は、水分を取らなかったことによる脱水症状です。
体が水で濡れているため、汗をかいたのかわかりにくい状態です。
出来れば30分おきに休憩し、水分補給を行いましょう。
また、水遊びは思っている以上に、体力を消耗します。
子どもはそんなことお構いなしなので、きちんと声をかけて熱中症対策をしてください。

熱中症とは別ですが、プールで遊ぶ際には子どもから目を離さないこと!
人とぶつかって転んでけがをした、とかプールに落ちてしまった…など
プールでの事故は少なくないです。浮足立ってうろうろする子どもたちから、目を離さないようにしましょう。

また、飛び込み等危険行為が禁止されているプールもあります。
遊ぶ前によく確認し、子どもたちにもキチンと伝えましょう。
けがをしてしまえば、楽しいはずのお出かけが一気につまらなくなってしまいます。

ま と め

いかがでしたか?
参考になりましたでしょうか。
プールに遊びに行くだけでも、大人はへろへろになってしまいますね…。
でもかわいい子供たちのために、親は頑張ってしまうのです(笑)
夏は楽しいことがたくさんありますが、危険もたくさんあります。
また、公共の施設ですのでマナーを守って正しく、楽しく遊びましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする