それ、ホントに夏バテ?原因はストレスかも!?

みなさん、こんばんは。

夏も本番になりつつある今日この頃、お疲れではないですか?
私は夏になると疲れやすく、夏バテしやすいです。
夏休みに入ると、学童に通う子どもたちのお弁当づくりをしてから
朝食の準備、身支度をして出勤…土日は平日やり残してる家事をして…
と夏は暑い上にいつも以上に疲れる気がします。
夏バテかな?と思っても、しっかり食事もとってるし冷房対策もしてるけど…
と思ったことありませんか?
それ、もしかしたら夏バテじゃないかも!?
今日は、夏の疲れについて書いていきます!

スポンサーリンク
夏バテ?原因はストレス?

夏に体調が悪くなると『夏バテ』って言いますよね?
それってホントに夏バテですか?
夏バテとは、夏の暑さのために体の動きが低下してしまうことを言います。
詳しくは→夏の体調不良、それって夏バテ?予防できる?効果的な食べ物は?

簡単に言うと、
・睡眠がしっかりとれない
・食欲がない
・だるい、疲れを感じる
・冷房でヒエヒエ
・むくみ(水分取りすぎ)
これを解消するのに、運動だったり食事などの生活習慣を見直します。

だが、しかーーーし!!
この季節、夏バテだけじゃなくて『夏ストレス』も深刻なのです。


スポンサーリンク

原因その1.頑張りすぎ!

夏は他の季節よりも、開放的な気分になりすべてにおいて『全力』でやっていませんか?
そんな風に突っ走ると、無理をしてしまいがち!
たとえば下記のようなことが、『夏ストレス』の原因になります。

・日中が暑すぎるので、涼しくなる夕頃から活発になる
→残業、夜遊びなど

・寝苦しいから、睡眠サイクルがずれて睡眠不足
→夜更かし、朝食抜き

・夏休みのスケジュールがアクティブすぎる
→プールや海水浴で1日中遊ぶ、フェスなどのイベントで1日中動き回る

・お酒の飲みすぎ
→深酒、野外オールナイトイベントに行くなど

夏は楽しいイベント盛りだくさんですべて『楽しくやっている』ことですよね。
楽しいと、いつまでもそれを続けたいし、出来ると思ってしまいます。
何が言いたいかというと、体力には限界があり、やりすぎると身体に疲れがたまります。
そして気力も萎えます。ストレス発散のつもりが、逆にストレスとなってしまうのです!!!

原因その2.付き合い疲れ!

ストレスはまだあります。
夏は意外と、人付き合いの多い季節なんです。
たとえば…

・義理の両親や親戚と久しぶりに会う
→義実家に泊まりに行く、お盆に親戚が集まる、など

・レジャーを通じての人付き合い
→お友達ファミリーとBBQ、子どもの友達の家族と夏のイベント参加など

・飲み会が増える
→暑気払い、仕事終わりに頻繁に飲みに誘われるなど

こんな感じで、『義理』を中心に人付き合いがグッと増えてしまうのです。
リラックスできない相手と、長時間一緒にいたり、義理でも他人の家に泊まったりするのは
ホントに疲れますよね…。でもそれを断れば、孤立してしまいますので
ある程度のお付き合いは必要。
このような葛藤も『夏ストレス』の原因です。

夏ストレスを乗り切る方法!

じゃあ、どうしたらいいの?ってことですよね。
原因から考えて、以下のことに気をつけてみましょう。

・何事も『ほどほど』に
楽しければ楽しいほど、全力でやってしまいがち。
そもそも暑くて夏バテしやすいのに、全力でやったら疲れるのは当たり前。
何事も『ほどほど』にしてみましょう。

・休む時間を作る
意識的に休む時間を!!
ダラダラすることも必要です。

・計画を詰め込みすぎない
あまりにアクティブすぎるスケジューリングは、休む暇がありません。
必ず休養できる日程を組みましょう。

・義理の関係はダラダラしない
ダラダラすることも必要と言いましたが、義理の付き合いにダラダラは必要ありません。
義理の付き合いは、短時間でもストレスなのに、夜中じゅう一緒に飲んだり
1日中べったりお付き合いするのは避けましょう。
日中誰かと過ごしたなら、夜は一人で早く寝る、など自分の時間を持つようにしましょう・
相手に合わせすぎないことも大切です。

ま と め

いかがでしたでしょうか?
夏ストレス。知っていましたか?
夏バテにしても夏ストレスにしても、しっかりと休養することが大事ですね。
ちょっとした心掛けで、ストレスを軽減することができます。
夏ストレスには気をつけて、楽しく過ごしたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする