土用の丑の日って?うなぎを食べる理由とは?それ以外は食べちゃダメ?

はい!こんばんは!
梅雨に入り、これからじめじめしてくるのかと思うと、憂鬱ですね。

さてさて本日は、夏の定番土用の丑の日についてです。
土用の丑の日、いつだか知ってますか?
スーパーに行けば、土用の丑の日はうなぎが盛大に陳列されて
『あ、今日は土用の丑の日だったわ』なんて思いますよね。
小さい子供に説明するには、ちょっと難しい土用の丑の日。
簡単に説明させていただきます。

スポンサーリンク
土用の丑の日ってどんな由来があるの?

土用の丑の日
これは2つの言葉が合わさっているのがわかりますね。
(接続詞が入ってるし)
土用と丑の日に分かれます。
まずは土用の意味から見てみましょう。

土用とは立夏・立秋・立冬・立春の前のそれぞれ十八日間の称。
普通は、立秋の前(=夏の土用)を言います。

立春(2/3or4or5)の前約18日間:1/17~2/3頃
立夏(5/4or5or6)の前約18日間:4/17~5/4頃
立秋(8/6or7or8)の前約18日間:7/20~8/6頃
立冬(11/6or7or8)の前約18日間:10/20~11/6頃

さらに見ていくと、この土用というのは、“五行”で定められた暦で、
五行とは、木行・火行・土行・金行・水行。

木行:春
火行:夏
土行:季節の変わり目
金行:秋
水行:冬

となります。

次に丑の日。
これは見てわかる方もいるのでは?
そうです、十二支の中の丑のことです。
十二支は年を数えるだけでなく、時間や日にちを数える時にも
使われるものなのです。

1カ月に2~3回あるのです。
十二支なので12日周期で丑の日がやってきます。
つまり、約18日間の土用の期間のうちの丑の日が『土用の丑の日』となるわけです。

土用の丑の日になんでうなぎを食べるの?理由は?

丑の日については、おわかりいただけましたか?
では、なぜうなぎを食べるのか?気になりますね。

『う』のつくものを食べる風習からきている

昔は季節の変わり目にしてはいけないことがありました。
その中でも、夏の土用は梅雨明けと、熱い季節の始まりの時期であり、滋養のあるもの
、食べやすいもの『梅干し、うどん、ウリ』など、『う』の付くものを食べて、夏バテを
防止していました。

しかしなぜ『う』なのでしょうか?
昔から、『う』の付く食べると病気にならないという言い伝えがあったようです。
みんながそれを信じて、みんなで『う』の付くものを食べていたのです!

『う』の付く食べ物を食べることはわかりましたが、なぜうなぎ?
というと、江戸時代に『平賀源内』という人が、友人のうなぎ屋(全然儲かってない)に
『本日、土用丑の日』と張り紙をしなさいとアドバイス。
そこから子のうなぎ屋は大繁盛したとか。
それを他のうなぎ屋がマネをして、いろいろな宣伝文句とともに広まっていったそうな。


スポンサーリンク

土用の丑の日ってうなぎ以外食べちゃだめなの??

『う』のつく食材を食べる風習があっただけで、絶対にうなぎを食べなきゃいけないわけじゃありません。(笑)

初めから読んでいただいただければわかるように、うなぎは後発です。
昔の人は、他の『う』の付く食べ物を食べていたわけですから。

では、他にどんなものを食べるのか?
・餅(土用餅) あんこのお餅で、アズキは厄除けとされていて、暑さに負けずに過ごせるとして食べられます。

・しじみ(土用しじみ)シジミは夏が旬。栄養価が高く肝臓の働きを助けます。

・たまご(土用卵)昔は卵は高価なもの。しかも栄養価が高く、滋養物として人気がありました。

要するに、季節の変わり目、体調を崩しやすい時期に体が順応するようなもので、
夏バテしないような栄養バランスのとれた食事をすることがいいと思われます。

夏の体調不良、それって夏バテ?予防できる?効果的な食べ物は?
うなぎは栄養価も高く、元気になる食材として知られていますので
土用の丑の日に食べるのは、理にかなってると言えますね!

ま と め

いかがでしたか?うなぎについて…じゃなく
土用の丑の日について、わかっていただけたでしょうか??

まさかうなぎを食べる起源が、商業戦略だったとは…。
といったところでしょうか(笑)

とにかく、季節の変わり目は体調を崩さないようしっかりと栄養を取って
元気に過ごせるように心がけましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございます☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする