お中元って何?贈る時期や意味、マナーを解説!

みなさんこんばんは!

夏といえば、やることたくさんですよね。
こどもたちの宿題の手伝いや、自由研究のテーマ探し
旅行の手配にお中元の手配!

今回説明させていただくのは、お中元です。
お歳暮と同じようにお世話になっている方へ贈り物をする習慣です。

さて、このお中元っていつ贈るかご存知ですか?
なんとなくで送っていませんか?
お中元についてまとめてみましたので、読んでみてください!

スポンサーリンク
お中元を贈る時期は地域によって違う

お中元は地域によって贈る時期が違います。
関東と九州では1カ月違いますので注意しましょう。

【北海道】7月中旬から8月15日まで。
北海道では、旧盆の時期にお中元を贈るのが一般的。
1ヶ月間と比較的時間に余裕がある。ただし、別の地域からこれよりも早くお中元が
届くことがあるためか、北海道でのお中元も徐々に早まってきているようです。
8月16日以降は『残暑見舞い』という扱いになります。

【東北・関東】7月初旬から7月15日まで
東北と関東は、一般的に7月初旬から15日までが期間
7月1日から15日までに届くように手配すること。7月16日以降は『残暑見舞い』扱いに
なります。近年では東京・神奈川を中心にお中元の時期が早まっている。6月20日頃から送り始める方が増えています。理由は、関東・東北はお中元の期間が短いこと。もともとお中元は直接持参することがマナーとされていたましたが、現在は地理的・時間的に配送が一般的。
しかし、期間が2週間と短いため配送が集中してしまうため、日時指定ができなかったり
日時指定をしても遅れてしまうことがあります。このような事態を避けるために、早めに配送手配をする方が増えたと考えられます。

【北陸】地区によって7月と8月にわかれる
北陸の場合、関東と同じく7月初旬から7月15日に送る地区と
北海道と同じ7月15日から8月15日の時期に送る地区に分かれます。
都市部を中心とした広い範囲では関東と同じ。北海道と同じ時期の地区は比較的少ないようです。北陸の方にお中元を贈る場合は特に注意!

【東海・関西・中国・四国】7月中旬から8月15日
7月15日から8月15日までが一般的とされているが、近年では関東の影響を強く受け
年々早くなっている。お中元として送ることができるのは8月15日までの為
8月16日~9月上旬までは残暑見舞い扱いとなります。
しかし、お中元の時期が早まっていることもあり、9月に入ってから残暑見舞いを送ると、
先方に届くのが遅いと思われる可能性があります。
どうしても8月15日までに送ることができない場合は8月25日頃までに残暑見舞いが
届くよう手配しましょう。

【九州】8月1日から8月15日
九州の場合は、関東や東北と丸1ヶ月も時期が異なります。
九州の方にお中元を贈る際は、8月1日から8月15日までに届く用意手配しましょう。
ただしやはり九州でも年々お中元の時期は早まっており、7月中に送る方も増えているようです。
残暑見舞いとして送る場合も、関西などと同じく8月25日頃までに届くよう気を付けたほうがよさそうです。

【沖縄】旧暦7月15日まで
沖縄はほかの地域とは全く異なり、旧暦の7月15日までに送るのが主流。
そのため、毎年お中元の時期が異なります。沖縄の方へ送る場合は
その年の旧暦7月15日を確認し、その日までに届くよう手配しましょう。

大体の地域で、お中元の時期を過ぎると『残暑見舞い』という扱いになります。

お中元を贈る意味って??

そもそもお中元とは!?
もとは中国の道教に由来する言葉で、1年を3つに分けたうちの真ん中の日を意味します。

中国ではこの中元の日にご先祖様を供養する風習があります。
これが日本に渡ってきてお盆となりました。

日本でお中元の習慣が始まったのは江戸時代のころ。
お盆のお供えをするのと一緒に、商売相手やお世話になった方々にも感謝の気持ちを
こめて贈り物をしたのが始まりといわれています。

スポンサーリンク
不幸があった方にお中元を贈ってもいいの?

お中元は、お祝い事ではなく季節の挨拶や感謝をしますための習慣なので、
喪中の人に送っても失礼にはあたりません。

ただし、四十九日が終わるまでの間は喪に服する機関ですので、忌明けまでまってから
送るようにしたほうがよいでしょう。
忌明けがお中元の時期を過ぎてしまったら、暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ります。

ま と め

いかがでしたか?お中元について、ご理解いただけましたでしょうか?

地域によって贈る時期が違うのが一番厄介ですね…。
お世話になった親戚が離れたところにいらっしゃる方は、要注意ですね!

お世話になった方、ごあいさつのためにお中元贈ってみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする