学習デスクは必要?どんなタイプがあるの?何を基準に選ぶ?

こんばんは!!!
入学準備、進んでいますか?
きっとまだランドセルを選んでいるところですよね。
いろんなメーカーからカタログを取り寄せて…
新しいことを始める準備ってわくわくドキドキしますよねぇ。

入学準備と言えば、ランドセルに学習デスク、手提げにふでばこ…
いろいろあって混乱しますよね。

今回は学習デスクの選び方について、ポイントをご紹介します!

スポンサーリンク
小学校入学準備!学習デスクは必要!?

学習デスクについては、賛否両論ありますよね!

ほんとに学習デスクが必要なのでしょうか?
まずは必要派の意見
・買ったところで自主的に学習することはないと思うから。
・まず机を置く場所がない
・リビングまたはダイニングテーブルで勉強してもらえばいい
・大きくなったとき捨ててしまうようなものはいらない

必要派の意見
・リビングテーブルは勉強する姿勢ではない
・手元が暗くなってしまう
・食卓に消しゴムのかすが…
・学習デスクはお片付けを習慣づける絶好のアイテム!
・子どもの居場所をつくってあげられる

必要派も不要派もいろいろ意見はあります。
ランドセル選びでも言いましたが、やはり大事にしたいのは
子どもの気持ち・意見です。

では、リビング学習・自室学習に向いてる学習デスクはあるのでしょうか?

学習デスクにはどんなタイプがあるの?

リビングに置くならシンプルなかたち。
子ども部屋に置くなら、収納があるタイプ?

学習デスクには


・組み換えタイプ→年齢や部屋に合わせてデスクの形を変えられる。


・ベーシックタイプ→カラフルなデスクや天然木にこだわったデスク、本棚の高い低いが選べる。


・リビングタイプ→天板が低く出来るため、小学校入学前から使える。


・システムタイプ→デスクとベッドが一緒。ベッドの下にデスクがあるため省スペース。


・ユニットタイプ→兄弟姉妹で使えるツインデスクなどもこれ。かわいいデザインが多い。


・ライティングタイプ→扉を閉じれば省スペース!

どのタイプ選ぶにしても、デスクを置くスペースをよく考えて選びましょう。


スポンサーリンク

学習デスクは何を基準に選ぶのか?

☆置き場にあったサイズの学習デスクを選ぶ
リビングに置く場合、気をつけたいのは奥行き。
奥行きのあるデスクをリビングに置くと、かなり圧迫感があります。
また、下に弟や妹がいる場合には、下の子にも学習デスクを買う時の
ことも考えなければなりませんね。
近頃は、リビングに置けるような奥行きの浅いものが販売されています。

また、子ども部屋に置く場合も将来必要となるベッドなど、他の家具についても
ある程度考えてから、邪魔にならないサイズのものを選ぶといいと思います。

どちらもお店で見たときはそれほど大きく見えなくても、実際に部屋に置いたら
大きい…ということがよくありますのでご注意を!!

☆インテリアのバランス考える
リビング学習や子ども部屋を兄弟相部屋にする場合、下の子の机も置ける
サイズのものを選びましょう。また、兄弟同じデザインのものを
並べたほうがインテリア的には収まりが良くなります。
毎年同じデザインの机を販売しているメーカーの学習デスクを購入するのもいいでしょう。
年の近い弟妹がいる場合は、下のこの机も同時に購入してしまうというご家庭もあります。

ま と め

いかがでしたでしょうか?
参考にしていただけたら幸いです。

我が家は長女が2年生のときに二女の分も合わせて購入しました。
2人ともおそろいのデスクがよかったので、そうしました。
何度も部屋をはかって、配置を考えました。
大変でしたが、子どもたちが喜んで机に向かう姿をみてとてもうれしかったです。
近いうちに、オススメの学習デスクを販売しているメーカーさんをご良紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする