小学校入学準備、必要なものは何?お金は?準備はいつから?

小学校入学準備とは何ぞや??

と思っている方いらっしゃいませんか?

これ、意外と大変なんです。

これまでに私は2度小学校入学準備を経験しました。

その経験をもとに、今回は入学準備に必要なものをご紹介していきます!

ランドセルっていつごろかうの?とか学習デスクって必要?

お金って結構かかるよね?そもそもいつ頃から準備すればいいの?

などなど…。いろいろな疑問にお答えできる内容となっているはずですよ(*^_^*)

では、どうぞご覧ください★

スポンサーリンク
  

小学校入学準備!何が必要?

一番気になるところではないかと思います。

入学準備と言っても地域によってさまざまです。

私の住んでる地域でも、隣の小学校では各自用意するものでも、自分の通う小学校では

学校で共同購入させてくれたり…。

まずは入学説明会で聞くのが一番なのですが、それより前にどれくらい必要なのか知っておきたいですよね!

まずは絶対必要なものから☆

≪ランドセル≫30,000円~50,000円のものがよく購入されているようです。
小学生と言えば!ですね。
今は、お安いものから高級ブランドやディズニーでかわいいものがたくさん出ていますよね。
しかもお値段もピン切り…。
ランドセル選びに関しては別記事で紹介いたします!

≪ふでばこ≫1,000円~3,000円
キャラクターの書かれていない、シンプルなものがいいです。
カンペンケースや、ファスナータイプのものではなく、マグネット式のパカっと開くタイプがいいです。

≪鉛筆≫1ダース300円から600円
Bから2Bのものです。
こちらもキャラクターではないほうがいいでしょう。名入れ済みだと楽ちん!
ただ、我が家では『これくらいキャラ物でもいいじゃん!』と、キャラ物にしています。
今のところ、何も言われていません(笑)

≪赤鉛筆≫2本入り100円
丸つけやなどに使用しているようです。

≪消しゴム≫50円~200円
消しゴムのカスがまとまるタイプのものがいいです。
なぜかやたらと消しまくるので。

≪うわばき≫1,000円~1,500円
学校によっては、指定のものがあるかもしれないですね!
こちらもいわゆる普通のものを!

≪体育着・赤白帽≫3,000円~5,000円
校章が入ったものを購入すると、ちょっと高くつくかも…。
イオンなどでもそれっぽい白いTシャツ短パンが売っています。

≪はさみ・定規・のり≫それぞれ200円~500円
ハサミはよく切れるものがいいです。
定規もキャラクターの付いていないもの、折りたたみでないものです。
のりはボトルタイプ、指ですくって塗るやつです。

≪下敷き≫100円程度
無地のものをお勧めします。
私はこのくらいいいだろ、と小さい絵が書いてあるものにしたら
『先生に怒られた』と!!!結局、無印良品の透明なものを買いなおしました。

≪ぞうきん≫3枚200円くらい
すぐに必要というわけではありません。
いずれ必要になりますので、持っておくといいです。

学校によって用意してくれるもの
・お道具箱
・クレヨン
・粘土
・算数ブロック
・色鉛筆
・防災ずきん、防災ずきんカバー
・絵具セット
・ノート
・鍵盤ハーモニカ
・防犯ブザー

お道具箱は、大きさがあるので学校で用意してくれるところが多いのではないでしょうか?
クレヨン、算数ブロック、防災頭巾、絵具セット、鍵盤ハーモニカなど
幼稚園で使っていたものがあればそれでよしとするので、保育園出身は大体学校での共同購入で
購入したほうが便利かと思います。
教科書は学校で配布されます。ノートは、学校で購入してもらいます(あとで集金!)
防犯ブザーは学校から配布されました。

スポンサーリンク

あると便利
・手提げ
・鉛筆削り
・キーチェーン
・パスケース
・スリッパ
・ネームホルダー
・学習デスク

手提げは『図書袋』として使うことが多いようです。
スリッパ、ネームホルダーは学校へ訪問する際に必要です。
学習デスクは今すぐ必要なわけではないですし、絶対必要なもでもないかもしれません。
こちらについては別記事を書く予定ですので、しばらくお待ちください。

小学校入学準ってどのくらいお金がかかるの?

準備に必要なお金って結構かかります。

学校で購入してもらったものはすべて、後から集金です。
またすべて現金での支払いになるので、手元に現金を置いておくことをお勧めします。
我が家の場合は、初めの集金でノートや道具箱などの集金がありました。
次に鍵盤ハーモニカ。それから朝顔栽培セットでした。

初めにお話しした、必要なものの合計が6万円程度(ランドセルを含む)
文房具だけで1万円位かかります。

学校の集金では、鍵盤ハーモニカ6,500円
        ノートその他 3,500円
        あさがおセット 800円

そのほかに、体育着を入れる袋や、上履きを入れる袋を手作りする場合は布代がかかります。
今は購入してしまったほうが安いかもしれません。

すべて合わせると8万円ほどになります。
ただしこの計算はランドセルを5万円で計算しています。

ランドセルをおじいちゃんおばあちゃんに買ってもらうとしても、学用品だけで
3万円以上はかかると思ったほうがいいです。

小学校入学準備っていつからすればいいの?

準備を始める時期ですが、人によってまちまちですよね。

早い人だと、年長さんの春にはランドセルのカタログを取り寄せて、予約していたり!!

学習デスクの次年度モデルが発表されるのが、夏から秋口です。

新しいモデルを買いたい人は、大手メーカーさんのHPをチェックするといいかも☆

ランドセルも学習デスクも毎年新しいデザインが発表されます。

どちらも高価なものですので、慎重に選びましょう。

ママ好みで選んだランドセルは、かわいいけれど6年間好きになれなかったり、大事に出来なかったりします。

子どもが使うものですので、子どもの意見をしっかり聞いてあげましょう。

学用品に関しては、入学説明会がどの学校でも必ずありますので
それに参加してから用意しましょう。

10月から11月に就学児健診 1月から2月に学校説明会 という流れが
一般的です。

ま と め

小学校入学は子どもも親もとても緊張しますよね。

あんなに小さかったわが子が、ランドセルを背負って学校へ行く姿を見たときは

感慨深いものがありました。

我が家は子どもたちが使う学用品は、自分たちで選ばせました。

ディズニー大好きなので、持ってくる物ほとんどディズニー。

それでも『学校で使うものは、絵の描いていないものじゃないとだめ』と
その理由も伝え、自分で選ばせました。

二女はきれいに大事に使ってくれていますが、長女はホントに女の子だろうか?

と思ってしまうくらい、雑に扱います。

ふでばこは2カ月で蓋に亀裂がはいり、付属の鉛筆削りが紛失。

消しゴムは、初めての授業で穴だらけ(鉛筆さして遊んでた)

筆箱に鉛筆で落書き(ほんとに意味がわからない)

などなど…。いろいろやられました(笑)

入学までまだ時間はたくさんありますので、準備のリサーチをしたほうがいいかと思いますよ!

次回は、ランドセル選びと学習デスク選びを書きます!

また、学童保育やPTAについても書く予定ですので、よろしければ読んでいってくださいね☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする